G1

2020年06月23日

上半期最高自信度!宝塚記念2020枠順確定前展望!



本日は6/28(日)に阪神競馬場で行われる
宝塚記念GⅠの枠順確定前考察を書いていこうと思います!



今回上半期で1番の大勝負する◎は
人気ブログランキングのバナーを押して頂くと競馬ブログランキングにて掲載してます!
是非ご確認お願いします!


宝塚記念G1注目馬
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓
※これを押してご確認ください!




早いもので2020年のクラシック戦線も終わり、上半期の総決算とも言える宝塚記念が今週末にはやってきますね!早速過去データや傾向を紐解いていきたいと思います!




D8DB702C-65AE-427D-95DE-C81E2E2F6CA6




しかし今日の大井競馬は荒れまくってました(笑)
圧倒的最低人気の6が不当人気過ぎて狙ったら刺さりました。近走成績だけで計れないお手本のような結果でしたが当たったら調子に乗らず勝ち逃げを敢行
地方競馬もほぼ毎日やってるので約束通りちょこちょこ出していきます!



公式LINE始めましたので、ご登録お願いします!
公式LINE




さて、宝塚記念の考察に移ります。
まずは枠や時期的な観点から見た傾向からですが、まず阪神競馬場というのが第一のポイントとなります。




阪神、函館、福島の3競馬場は全10競馬場の中でも排水性がとても悪い競馬場トップ3です。
理由としては特に排水性への影響が大きい暗渠管、または暗渠排水材がコースの下に入っていないことです。




簡単に言うと雨が降ったら馬場の回復が著しく遅い為、重馬場または不良馬場になりやすいということなので単純に競馬予想する上で、馬が強い弱いだけでなく適正そのものに大きく左右する競馬場ということです。




宝塚記念も阪神内回りというだけでなく、この時期そんな競馬場で行われるということも影響してスタミナやパワー型の馬の台頭が目立つのが特徴の一つなので、単純に別条件別コースの実績で上位人気になる馬を信用しきれないところも抑えておきたいところです。





近代競馬では珍しくディープ産駒の牡馬の成績が著しく悪く、香港G1で結果を出して休み明けで参戦する実力馬グローリーヴェイズにはかなり厳しいデータですが、スピード型よりスタミナ&パワー型なのでどうなるかというところ。





距離短縮組が馬券に絡むことが多い理由として、前走天皇賞(春)からの参戦が例年多く、中でも特徴的なのが、天皇賞(春)で馬券にならなかった4着以下の連対が多いです!ここも穴の狙い目になりそうです。





枠による大きな不利有利はないものの、8枠だけは人気馬が多かったとはいえ異常過ぎる好成績なのでどの馬が入るか最重要注目ポイントです!





スタートはややペースは早く、1〜2角あたりから落ち着いたペースになる事が多い事も手伝ってやはり逃げ先行馬には有利な展開になりやすく、4角から上がり最速を繰り出した馬は過去10年馬券に絡んでるものの、勝ち負けは置いておいて馬券内という観点で見れば前が残って馬券になる事もかなり多いです。




差し馬にしても先行馬にしても『持続性』が肝になってくるので、キレよりもある程度のスタミナは重視したいところです。それに伴って馬場状態も非常に重要になってくるという訳です。(※前述)







今時点で注目点を簡単にまとめると

・8枠が飛び抜けていい成績
・近5年1番人気勝利なし
・逃げ先行有利
・4,5歳馬の成績優秀
・上がり最速は過去10年毎年馬券内
・天皇賞(春)の4着以下が好成績
・前走2000〜3200mが好成績
・ノーザンの特に5歳牝馬成績◎





上位人気は3頭拮抗して、4〜10くらいは離れた人気になりそうですが傾向的には今時点で◎を変える要素がありません。



これで◎が8枠なら頭固定で勝負します(笑)



枠順確定後にまた更新します!





100円から夢見れる!それが競馬!
常に夢見れる買い目を下記メルマガで無料配信しますのでご登録お願いします!


メルマガ登録・解除
メルマガID:008491
 
 

ご利用規約 powered by 競馬TV





お問い合わせは下記まで!

予想家ヒロへメール




hiroki1463 at 00:00|PermalinkComments(0)

2020年06月06日

安田記念2020枠順確定後見解・破



本日は6/7(日)に行われる安田記念G1の枠順確定後見解(後半)を書いていこうと思います!








GI馬が10頭参戦する究極のマイル戦となる安田記念2020について書きたい事が多すぎて、前編と後編に分けましたが今回はその後編になります!




S__249192451





前編では人気馬3頭に着目して書きましたが、後編では過去傾向やバイアスの観点からの見解が主になります!






東京マイル自体の傾向としては、スタート後直線がしばらく続く為、よほど出遅れや不利がない限り枠順による不利有利は小さいですが、他のコースに比べてペースが落ち着くはずの3コーナーあたりで下り坂がくるので息が入らない流れになるタフな状況に追い込まれがちです。






東京でしか走らない馬や、東京では走らない馬といったように〇〇巧者というのは競馬には多く存在しますし、この東京マイルもその例は顕著です。







なにが言いたいかというと、ただのマイル戦でなくスペシャリストが集まるG1でこの癖のあるコースでは特に東京で実績を出している馬が有利だということです。







昨今の芝レースで好成績を出している天下のディープ産駒の成績が良くないのもかなり有名で
ダノンプレミアム、ダノンキングリー、ケイアイノーテック、グランアレグリア、ヴァンドギャルドには厳しいデータとしてディープ産駒成績(2-1-2-31)というのがあります。
勝率5.5%複勝率13.8%と散々です。







人気の観点から紐解いていくと、1番人気は勝率30%、連対率40%、複勝率60%とまずまず。しかし着目すべきは7~9番人気で1着5回、2着1回というのは見逃せない数字。
3番人気は勝ち星が0で2,3着だけで複勝率50%なのも好成績。








枠としては内過ぎず、外過ぎず真ん中あたりが好成績だが、基本的には内枠有利なのは間違いなくCコースに変わる事でもそのバイアスは色濃くなると推測。高速決着の時は真ん中より内で決まっていることからも昨今の高速馬場の事を鑑みると今年も真ん中より内に注目したいところ








偶数枠が奇数枠に比べて露骨に成績がいいのも見逃せないところで、馬券内にきた馬の数が偶数枠の方が4倍ほど多いです。







穴目で不当人気になって好走した馬はほとんどが真ん中より外枠となっており、内枠に人気馬がいるというよりは内枠が人気するという捉え方の方がいいので危険な人気馬が内枠にいるという解釈も出来る。







推せる材料としては7枠は1、2枠に続く好枠とされており過去10年でも複勝率も20%という点と、牝馬で過去10年馬券内に来たのはアーモンドアイとアエロリットで、共通して言えたのはマイルG1を勝った事があった点。







近走距離短縮して短距離戦線でそのスピード性能を魅せつけている女傑が久々のマイルで躍動するかどうかは、主戦が別馬に乗りおこぼれをもらうかの如く騎乗した時にそのチャンスを結構活かす池添騎手にかかっている。(悪気はありません)
そしてディープ産駒の成績が良くないのが気になるところですね。







近5年の傾向では4角5番手以内の逃げ、先行馬が必ず1頭は絡んでおり、上がり一辺倒ではなんとかならないと思いきや、7年連続上がり1位の脚を使った馬が馬券に来ている。
高速決着のタイムを出すには前でかなりしぶとく残れるか、早い展開からでも繰り出せる一発の脚がある事。











展開によってどの脚質にもチャンスがあるレースではあるものの、昨今の高速決着のレースでは脚を溜めて溜めて爆発させるタイプよりも、ある程度前目にいつつ上がりも使えるというチートのような走りが出来ないと馬券になりにくく、それが崩れた時に荒れている傾向がある。






今時点で注目点を簡単にまとめると

・枠による不利有利は他のコースよりはない
・前走1400以下で今回
上位人気の成績◎
・前走上がり2位以内の好走率◎
・ディープ産駒の成績が良くない
・前走から+2キロの斤量増は厳しい
・乗り代わり、継続騎乗に差はなし
・東京勝ちの実績ありが◎






今回最強に自信がある◎は
人気ブログランキングのバナーをポチっと応援を頂けますと確認出来ますのでご協力お願い致します🙏


安田記念G1注目馬
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓







正直言ってとんでもなく自信があります。




一週間前出走が決まってからずっと決めてましたしあとは買い方のみですが勝負しますので是非ご期待ください!!!個人的には大勝負します!!!







100円から夢見れる!それが競馬!
絶対的自信の買い目を下記メルマガで無料配信しますのでご登録お願いします!


メルマガ登録・解除
メルマガID:008491
 
 

ご利用規約 powered by 競馬TV





お問い合わせは下記まで!

予想家ヒロへメール




hiroki1463 at 00:00|PermalinkComments(0)

2020年06月05日

安田記念2020枠順確定後見解・序



本日は6/7(日)に行われる安田記念G1の枠順確定後見解(前半)を書いていこうと思います!






よっしゃ~~~~!!!






おもわず叫びたくなる様な枠順が確定したので、入念に考察した安田記念の見解を是非見てください!!今回は長すぎるので2つに分けてブログを書きます!







枠順確定前考察でも前回述べましたが、今回はなんとGI馬が10頭という究極のマイル戦になりそうですし、このメンバーでこの時期の東京マイルを走るに当たって、懸念点と推せる点はハッキリしておきたいのでまずは枠順確定を踏まえての人気どころの傾向や枠を含めた展望予想をしてみます。





S__249077763





まず史上初芝G1の8をかけて中2日で出走して来る1番人気想定アーモンドアイからですが、元々レース後に疲れが残りやすく、消耗を考えて凱旋門を諦めたり昨年末には熱発で香港を断念してリズムが狂うなど、そのとてつもない実績の裏では徹底した体調管理があったのはあまりにも有名。







ヴィクトリアマイルの豪快な勝ちっぷりとこれまでの走りで、今回も圧倒的支持が予想されるが、早め抜け出し独走で追ってもいない快勝でしたし、これまでのレースと違い消耗してないんじゃないか?と個人的には思います。







前述の『中2週』のローテにケチをつけようと思いましたが、ケチをつけるなら凱旋門や香港をも『体調優先』に大事にしてきた厩舎やオーナーが先にケチをつけて天皇賞まで休ませたはず。







それにファン投票一位で出走条件確実な宝塚記念もあるのに、ローテを顧みずココに出走したのは東京マイルが歴史を変えるにはベストと判断したんだと思っています。







しかし、今回アーモンドアイの入った4枠
過去10年で0-0-1-18と大苦戦で勝ちも連対もない枠。







数々の常識を塗り替えてきた女王だけに、データがどこまで通用するのか見ものですがそもそも東京マイルはスタートして直線がしばらく続く為、すぐに1角の来るコースと比べて枠の有利不利は余りなく、鞍上がどのポジションからの競馬を選択するか?だと思っていますがCコースに変わり内が伸びる馬場なのは濃厚な為、先行さえできればそこは素直にプラス要素だと思います。







1番人気が4連敗中で中2週の異例のローテに、G1馬11頭のマイルの猛者が揃う中前代未聞の芝G1の8勝目がかかるというところをどう見るかですが、今回ここまで書いて僕は単穴評価です。







競馬は得てしてこのクラスの馬を軸にしがちですが、ガチガチだったら仕方ないと割り切ることこそ大万馬券の的中を呼び込むと思っているので今回は▲アーモンドアイとする予定です。






そして昨年の安田記念覇者で、安田記念以降マイル負けなし。最優秀マイラーにまでなったインディチャンプは今回2番人気に推されそうですが、なんとアーモンドアイと同じ4枠。まるで歴史に遊ばれているような枠順となりました。
当然同じく過去10年で0-0-1-18ですから、この2頭が揃って馬券内にくることが相当薄く、連対しない確率の方が高いというデータとなります。






しかしこのインディチャンプ。左回り、そして東京コースで馬券外になったことがなく、東京マイルに関しては2戦2勝と最優秀マイラーに恥じない成績。






斤量58キロが初の馬もいる中で、苦にしないで好走してきた実績は評価できますし、いい意味で裏切ってくれたらいいなと思っています。






3番人気に推されそうなのは昨年の桜花賞馬で今年の高松宮記念でも一頭だけ次元の違う豪脚が炸裂し、あわや勝ちまであったグランアレグリアですが7枠に入りました。






推せる材料としては7枠は1、2枠に続く好枠とされており過去10年でも複勝率も20%という点と、牝馬で過去10年馬券内に来たのはアーモンドアイとアエロリットで、共通して言えたのはマイルG1を勝った事があった点。






近走距離短縮して短距離戦線でそのスピード性能を魅せつけている女傑が久々のマイルで躍動するかどうかは、主戦が別馬に乗りおこぼれをもらうかの如く騎乗した時にそのチャンスを結構活かす池添騎手にかかっている。(悪気はありません)
そしてディープ産駒の成績が良くないのが気になるところですね。






3番人気の馬は1番人気に続く複勝率50%と好成績な半面、勝ちが0という2,3着だけで5割というのは覚えて置いた方がよさそうです。











続編の【安田記念2020枠順確定後見解・破】では続く人気馬と展開を書いていきますので大混戦間違い無しの脳汁レース共に楽しみながら当てましょう!!






今時点で注目点を簡単にまとめると

・枠による不利有利は他のコースよりはない
・前走1400以下で今回
上位人気の成績◎
・前走2番人気以内の好走率◎
・ディープ産駒の成績が良くない
・前走から+2キロの斤量増は厳しい
・乗り代わり、継続騎乗に差はなし
・6番人気以下は外枠が好成績◎






今回特に注目している◎は
人気ブログランキングのバナーをポチっと応援を頂けますと確認出来ますのでご協力お願い致します🙏


安田記念G1注目馬
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓






忘れてはいけないのは安田記念は荒れ傾向の強いレースです。
【安田記念2020枠順確定後見解・破】





6/5夜ブログ更新します!!




100円から夢見れる!それが競馬!
絶対的自信の買い目を下記メルマガで無料配信しますのでご登録お願いします!


メルマガ登録・解除
メルマガID:008491
 
 

ご利用規約 powered by 競馬TV





お問い合わせは下記まで!

予想家ヒロへメール




hiroki1463 at 16:02|PermalinkComments(0)

2020年06月02日

安田記念GI2020枠順確定前考察!!



本日は6/7(日)に行われる安田記念G1の枠順確定前考察を書いていこうと思います!








オークスが終わり、ダービーが終わり、立て続けに行われてきた春のG1ラッシュもいよいよ安田記念宝塚記念の残り2つとなりました。






去年の安田記念は◎インディチャンプから
3連単24点と3連複6点で的中
ここ4年で3回的中している好相性レースです!!






今回はなんとGI馬が11頭という究極のマイル戦になりそうですが、当然今年も当てたいですし点数の絞り込みにも力を入れようと思っています!



90553D37-19AF-4FC4-8BA9-7E9E0D26EFA7




未知数の部分が大きいダービーに比べて、対戦歴や適正などがはっきりしている分根拠を強く持って予想できるのは大きいです。






人気になりそうな有力馬を見ていくと、、、






芝GI8勝という大記録更新の為に、初の中2週というタイトな間隔で臨むアーモンドアイ





昨年の安田記念覇者で、安田記念以降マイル負けなし。最優秀マイラーにまでなったインディチャンプ





昨年の桜花賞馬で高松宮記念でも魅せた豪脚が炸裂するかグランアレグリア





乗ったらオール掲示板☆主戦の戸崎騎手へ手綱が戻り悲願のG1初制覇を狙うダノンキングリー






海外G1で斤量59キロでタイム差なし3着。ここぞという時の乗り代わりはもはや有名、レーン騎手起用で勝負気配全開のダノンプレミアム






他にも有力は多数いますし、回避は今の所2頭で全部で15頭立てで行われるかと思いますが、大混戦間違い無しの脳汁レースです!






今時点で注目点を簡単にまとめると

・枠による不利有利は他のコースよりはない
・前走上位人気で1400以下の成績◎
・前走2番人気以内の好走率◎
・ディープ産駒の成績が良くない
・前走から+2キロの斤量増は厳しい
・乗り代わり、継続騎乗に差はなし
・6番人気以下は外枠が好成績◎






今回特に注目している◎は
人気ブログランキングのバナーをポチっと応援を頂けますと確認出来ますのでご協力お願い致します🙏


安田記念G1注目馬
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓






◎はマイルG1を3勝し、右回り左回り、コース形態を問わず結果を出している。
特筆すべきはやはり前走であのGI8勝のレジェンドビューティージェネレーションに香港マイルで5番人気の低評価を覆し完勝。





今回のメンバーも大阪杯などとは比べ物にならないレベルの高い好メンツですが、『使うところがない』『G1を獲りたい』のではなく、『マイルG1』にピントを合わせてマイル王の称号だけを見てきたこの馬に白羽の矢を立ててます。





忘れてはいけないのは安田記念は荒れ傾向の強いレースです。
各馬の注意点、推し材料をさらに詳しく調べてまた更新致します!





いま時点で既にめちゃくちゃ自信あるので楽しみにしててください!!




100円から夢見れる!それが競馬!
絶対的自信の買い目を下記メルマガで無料配信しますのでご登録お願いします!


メルマガ登録・解除
メルマガID:008491
 
 

ご利用規約 powered by 競馬TV





お問い合わせは下記まで!

予想家ヒロへメール




hiroki1463 at 00:28|PermalinkComments(0)

2020年05月16日

例年爆荒れのヴィクトリアマイル2020最終見解!!



本日は5/17(日)に行われるヴィクトリアマイルG1の枠順確定後最終見解を書いていきたいと思います!






昨年は3連複5点で的中し、4年連続的中しているG1ともあり好相性のレースです!
明日の東京競馬場の天気予報は終日晴れで良馬場まで回復する見込みなので、馬場適正の見解も特に変えずに予想していこうと思います。







JRA払戻金ランキング歴代5位
20,705,810円


(4896通り中4140人気)





2015年には驚愕のこんな大万馬券まで出たレースですし、8年連続4万馬券以上の決着となっておりG1の中でも1番荒れると言われているレースの一つです!








昨年はとんでもない高速馬場でここ10年の最高タイムを約1秒更新するレコードタイムとなり、歴代の勝ち馬ウォッカやブエナビスタ、アパパネ、連覇しているストレイトガールやヴィルシーナなどを寄せ付けない圧倒的タイムでしたが、今年は土曜日の雨が完全に乾ききらなければやや重よりの良馬場になる可能性もまだあるので、超高速馬場になるかは疑問が残るところです。






ただ、レコードなど早い決着になる時には決まってハイペースで逃げる馬がいるのも確かで、今回何がなんでも前に行きたいだろう馬の候補は三頭います。







・マイル全連対のコントラチェック
・JRA1600のレコードホルダートロワゼトワル
・全7戦4角時3番手以内セラピア







この三頭がまずはじめのキーマンになるのは間違いなく、展開予想では先行争いが激化してハイペースを予想。
そうなると先行・差し勢に展開は向くのは必然ですが、過去の傾向では4角4番手から14番手の間にいる馬が馬券になっていることが多く、そうじゃなかった時に特大万馬券が出ています。







ようするに、過去傾向からの推測だけで言えば上記三頭がノーマークですいすい逃げれてしまった場合の前残りが起こった場合のみ大波乱が起こるという事になります。







2011年以外上位人気での決着はなく、1番人気こそ10年で5回馬券になっているものの、2~3番人気は2~3頭と歴史がその難しさを証明してます。







こいつは間違いないだろ?という馬が毎年人気しては負けているレース。じゃあどんな馬が馬券になりやすいのか?









注目点を簡単にまとめると

・穴なら前残りがある
・速い上がり使えれば強い馬は来る
・阪神牝馬Sの2~5着馬は好成績
・社台F生産馬の成績が良くない
・前走6番人気以下は消し
・乗り替わりの成績が良くない(継続騎乗がいい)
・馬体重480以上で勝ち馬なし
・前走1着の馬が全然馬券になってない







変更画像



今回特に注目している◎は
人気ブログランキングのバナーをポチっと応援を頂けますと確認出来ますのでご協力お願い致します🙏


ヴィクトリアマイルG1注目馬
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓






これだけ情報がある現代の環境において、ここまで顕著な傾向があるにも関わらずこの人気で買えるなら迷わずココしかない。






相手はある程度広く構えるものの、これだけ荒れやすいレースでアーモンドアイから買うという楽しみ方を僕は知りません(笑)






当然相手には入れますが・・・






アーモンドアイよ、飛んでくれ!






100円から夢見れる!それが競馬!
絶対的自信の買い目を下記メルマガで無料配信しますのでご登録お願いします!


メルマガ登録・解除
メルマガID:008491
 
 

ご利用規約 powered by 競馬TV





お問い合わせは下記まで!

予想家ヒロへメール




hiroki1463 at 19:21|PermalinkComments(0)