サリオス

2020年05月28日

超絶自信の日本ダービー2020枠順確定後見解!!


 
本日は5/31(日)に東京競馬場で行われる
日本ダービー2020の枠順確定後の見解を書いていこうと思います!

 





ついに!!待ちに待った日本ダービーの枠順が確定しましたね!興奮冷めやまぬうちに現状の見解をガンガン書いていこうと思います!







今回大注目されているのは
コントレイルサリオスの再戦と、
コントレイルデアリングタクト
牡馬牝馬揃っての無敗の2冠馬誕生なるか?
というところです。







1番運がいい馬が勝つといわれるダービーですが、どの馬も最大目標にやってきている中で今年は2強プラスαなんて揶揄されていますが僕は全くそう思っていません!





 
過去も傾向や臨戦過程、今回決まった枠順なども考慮して見解を書いていきます!




30BC6449-6D56-47C5-AE39-E5C549F186AE






まず、ダービーを語る上で当然注目しなくてはならないところが、東京芝2400mでCコース替わりするというところ。






当然内が伸びて先行馬に有利になり、如何に内を確保するかを考えて騎乗したい中、1枠は圧倒的有利にポジションを取れるので触手が動きますし、長丁場を経験したことがない馬がほとんどの中無理に押して出るのもスタートが相当良くないと難しい。






とはいえ、強力な末脚で全てをチャラに出来る可能性を秘めているのがこの舞台だったりするので、人気どころが前評判通り人気するのは至極当然。
しかし、注視したいのはどういう展開になるか?どういう展開が考えられるか?です。






レースの隊列を考える時にまずは逃げる馬をみますが、先行馬潰し役のキメラヴェリテが出走できないのはコントレイルに大きなマイナスになりましたね。恐らく変わりにハナを主張するのはビターエンダーあたりでしょうか?





ウインカーネリアンは枠的にハナは相当厳しくなりましたし、コルテジアなんかも鞍上松山騎手がノッていてかなり怪しいです。






ある程度長い隊列になると予想していて、前が有利な馬場になる可能性は高く、どう見ても有利不利はハッキリ出る枠順ですが、慎重に慎重にいこうとする騎手が多い中、積極的な意外な乗り方で意表を突いてくる外人騎手やベテラン騎手には注意したいところです。







しかしオークスではノーザンファーム、社台ファーム合わせて全7頭が馬券外に飛ぶと誰が予想出来たでしょうか?
武豊ルメールレーン川田、と超一流どころが乗って勝負に出てその結果です。
もっと言えば3歳G1をまだノーザンファームも社台ファームも今年未勝利です。







馬の世界は関係者じゃないのでわかりませんが、
昨今これだけノーザンだ社台だと言っている中、3歳クラシックを取らなかったらその名声もメンツも保てないんじゃないでしょうか?






コロナ過ですし、そのあたりも踏まえて感情論や意気込みでなんとかなるものではないにしても、こうも負け続けるとは思えませんし、並々ならぬ仕上げで来るのは間違いありませんから、
コントレイルVS全頭のような図式のようなものなので福永騎手はとんでもない一番人気を背負ってこのプレッシャーとの勝負になりますね。






過去10年の傾向の中で着目したいところは沢山あり過ぎて書ききれませんが10万馬券以上の大波乱決着が5回もある波乱傾向なのにも関わらず、普段競馬をやらないミーハー層の参加も手伝って人気どころはトコトン人気が強くなり、
伏兵が生まれやすい=オッズがつきやすいという事になるのかもしれません。





過去10年のデータを元に
簡単に注目点をまとめると



・1枠が過去最多4勝、連対6
・スローなら前でなく瞬発力勝負で差し優勢
・皐月賞組が最多8勝
・馬券になった30頭中20頭が皐月賞組
・ほぼ前走G1,2組で決まる
・皐月賞の上がり5位以内が好成績
・皐月賞5番人気以内が好成績
・継続騎乗じゃないと厳しい







今回僕が注目している◎は
人気ブログランキングのバナーをポチっと応援を頂けますと確認出来ますのでご協力お願い致します🙏


自信度SSS

日本ダービーG1注目馬

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓




めちゃくちゃ自信あります。
競馬に100%はありませんがめちゃくちゃ自信あります。(大事なことは2回言いますw)



データが全てじゃないですが、データには根拠があります。そして、新しく生まれるモノもまたデータになっていくというのが歴史です。



今回のダービーはそれが入り混じる結果になると確信しているので、無料メルマガ配信是非期待してください!!




超絶自信のフォーメーションで挑みます!!









100円から夢見れる!それが競馬!
絶対的自信の買い目を下記メルマガで無料配信しますのでご登録お願いします!


メルマガ登録・解除
メルマガID:008491
 
 

ご利用規約 powered by 競馬TV





お問い合わせは下記まで!

予想家ヒロへメール


 

hiroki1463 at 22:22|PermalinkComments(2)

2020年04月13日

3歳牡馬クラシック皐月賞2020枠順確定前考察!



本日は中山競馬場4/19(日)行われる皐月賞G1の考察を書いていこうと思います。

 



まず皐月賞の考察に入る前に、先日の桜花賞は重馬場を意識して軸変更を2度するも的外れな結果になってしまいました申し訳ありません💦
終わってみれば初めに注目したデアリングタクトの圧勝に外から強引に自分の展開に持って行けた前2頭の決着でしたので、つくづく競馬は馬券の買い方もそうですが『展開』の読みが如何に重要かと再認識させられました。






しかし『アーモンドアイの再来』と言われながら、過去実績や相手関係などでなんとかケチをつけて予想からハズした人をあざ笑うかのような異次元の豪脚には完敗です。今後の中距離戦線でも活躍が期待され、楽しみが増えたとプラスに捉えて皐月賞の考察に移ろうと思います。




次回予告






3歳牡馬クラシック
皐月賞G12020







注目される現時点で三強と言われる
ホープフルS覇者で3戦3勝無敗のコントレイル
朝日フーチュリティ覇者で3戦3勝無敗のサリオス
弥生賞覇者で3連勝中のサトノフラッグ

が全く底を見せておらず話題の中心ではありますが、実は稀に見る大混戦ムードで桜花賞よりも難解な一戦になるのは間違いなさそうです。





過去皐月賞が荒れる時は決まって『苦杯を舐めた馬』の巻き返しによる波乱か、注目が薄れた別路線組による好走です。
なので当然上記のホープフルS朝日フーチュリティ弥生賞での敗退して注目が薄れている馬の中にも要注意です。





過去にはサンリヴァルダンビュライトウインフルブルームエピファネイアなどあげたらキリがないくらいにそのパターンの馬は多いです。
今回わかりやすいパターンの馬としては(パターンの話)上記の3強の一角と言われ共同通信杯で敗退しいきなり人気を落としそうなマイラプソディダーリントンホールヴェルトライゼンデなど軽視した途端に馬券になりそうな馬ばかりいます。





だからこそ展開や適正を読んでいき、枠順が決まって好枠を引けたら現時点で波乱の立役者になるのは◎だと思っています。ここまでの2戦も確実に前有利の展開の中、完成力の違いで余力さえ見せる勝ちっぷりは上記の3強に引けをとらないどころか評価を覆してもおかしくないと思っています。





狙い目の脚質としては先行と中団待機となっており、逃げ切れないし追い込みは届かない。
4角11番手以下から勝った馬が0なのが物語っています。道中ではなく『4角』でどこのポジションをとれるかがかなり大事になってくるので、勝負所でまくってくるか、好位につけられる騎手の好判断も重要になってきます。





さらに内枠有利と言われがちな多頭数の中山コースですが、不利有利は実は余りないです。
ただ、面白いデータとしては4番人気以下の馬で好走した馬は4~8枠になっており、1~3枠の人気薄は無視できるデータとなっています。
・キャリア3~5戦や誕生月が1~3(早生まれ)
・馬体重は460未満520以上は割引
・前走1番人気で1着は好成績
・弥生賞以外で3着以下なら消し
・良馬場なら差し馬有利で4角4番手以内も好成績


などなど面白いデータはいくらでも出てきます。





このレースから背負う斤量が57キロになるというところも大きな盲点になり、それを苦にしなかった人気薄が波乱を起こすの一つの要因だと考えているので【完成度】には注意が必要です!!





枠順が確定したらまた更新しますが、本気で獲りに行くので要チェックしてください!!




現時点で注目している◎は
人気ブログランキングのバナーをポチっと応援を頂けますと確認出来ますのでご協力お願い致します🙏


皐月賞激走注目馬
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓



毎年思う事ですが、この中から3冠馬が出るかも知れない‥そんな気持ちも感じながら予想していきます😄





そして皐月賞が終わったらこう言うんです。





俺の歴史に、また1ページ・・






100円から夢見れる!それが競馬!
絶対的自信の買い目を下記メルマガで無料配信しますのでご登録お願いします!


メルマガ登録・解除
メルマガID:008491
 
 

ご利用規約 powered by 競馬TV





お問い合わせは下記まで!

予想家ヒロへメール




hiroki1463 at 18:09|PermalinkComments(0)