アーモンドアイ

2020年06月08日

安田記念GI2020回顧と反省



本日は6/7(日)に行われた安田記念G1の回顧を書いていこうと思います!








牡牝GI馬10頭が参戦する究極のマイル戦となった今年の安田記念2020ですが、自信満々で挑んだ本命は◎アドマイヤマーズでしたが結果は6着。




好スタートから前目の得意なポジションは取れて4,5番手追走でほぼ理想の形。問題はここから。
決して脚が上がっていた訳ではなく、最後手前を変えて加速し始めた時にインディチャンプと接触。それどころか強引に前に割って入られる形になりブレーキからの失速。上がり性能だけの話をすれば勝る他馬は数頭いたのは間違いないですが、加速中のこの不利がなければ3着は来ていたというのは動画を見ればわかります。残念ですが『進路妨害』という判定になっていない以上これも競馬だと受け止めるべきですが、前に行く馬に不向きの展開で不利のあった中わかる人にはわかる力を見せてくれたと思います。



ECAE8D6D-7512-45EC-A623-E6B1B23F4458






1着グランアレグリア
強かったですね。朝の時点でやや重のまま行きそうだったので前日配信から評価を2番手まで上げてフォーメーションを組んだお陰で1番安い当たっても当たらなくても変わらない3連複を拾えました(泣)高松宮記念で見せた重馬場適正と末脚は健在で完璧にハマったとはいえ抜け出してから猛追するアーモンドアイよりも速い上がり最速で突き抜けたのは圧巻の一言。枠順確定前ブログで書いた池添騎手の『主戦が乗らないで回ってきた有力馬』の時の一発は警戒が必要です。の通り。
それにしても短距離戦線にいったと思いきやマイルまで制するとはグランアレグリア末恐ろしいです。



2着アーモンドアイ
この結果の大半はスタートのせいですね。せっかくの内枠もこうなっては活かせずでしたし、時計のかかる馬場でラストあれだけグランアレグリアに伸びられたら流石に追いつかず。それにしてもコンマ何秒かのビハインドを地力だけで持ってきた感じですが、1つ気になったのはルメール騎手が進路を内に取るか外に出すかを一瞬躊躇していた分のロスも僅かにあるかもしれないがやはり現役最強馬と言われるだけあるリカバーでした。しかし中2週で使ったここで記録達成しておきたかったはずなので宝塚記念は出ないかもしれない。



3着インディチャンプ
牝馬の一線級3頭を除けば58キロを背負ってる牡馬の中では1番の脚で昨年春秋マイル王の力を見せ直線で伸びて3着。連対した2頭の牝馬が強過ぎた為霞んでいるがやはりマイルは条件問わず強いのを証明。馬は頑張っていただけに鞍上の手綱捌きにケチをつけたくなかった。



4着ノームコア
穴推奨した一頭ですが、アーモンドアイ同様スタートのロスが大きく響きました。出負けしてからは脚を溜める作戦に出たのは正解ですが如何せん前3頭が速すぎました。オッズではかなりなめられていましたが東京マイルはやはり抜群の適正で上がりはアーモンドアイ以上の速さで猛追し、あわや3着という惜しい競馬でした。やや重でもマイルはやはり強いので今後も狙いたい一頭です。



5着ケイアイノーテック
NHKマイルを勝ってから鳴かず飛ばずでしたが、どこかでもう一花咲かしそうではありました。まさかこの超ハイレベルのメンツの安田記念で好走するとは意外でした。しかもやや重という部分も新たな一面を見た気がします。東京マイルが最適なんだと思いますが、このハイレベルなマイル戦で掲示板に入ったというのはキッカケになるかも知れません。



7着ダノンキングリー
今回ダノン組3頭は軽視していましたが、この馬に関してはまずは鞍上が復帰後芝で1勝も出来ていない戸崎騎手ということと、初58キロでラスト伸びてこれないと踏んでいました。事実脚が上がってしまいブレーキをかけたアドマイヤマーズよりも伸びてこれなかったところを見ると、マイルより長い距離で長くいい脚を使える競馬の方が向いておりこのクラスの瞬発力戦では分が悪いですね。



8着ダノンスマッシュ
今回はラビット役に徹してペースメーカーをしたと思ってますが、同オーナーからの3頭出しで他2頭が『勝負』の中、標的になってベスト距離ではないこの距離でよくやったと思います。やはり距離は長いですし左回りも克服したとは言い切れない感じですね。ただ、ここは度外視でいいと思います。



9着ペルシアンナイト
この馬は完全に右回り巧者なので京都マイルで買いたいです。それと58キロを背負って馬券にならなかったのはこれで4回目です。そのあたりも原因の一つかもしれません。



10着ヴァンドギャルド
GIII勝ちもしていない馬がこのハイレベルのマイル戦に出てきたらこうなりますね。しかも勝鞍は全て55キロ以下の斤量の時だけなので初58キロは厳しさに拍車をかけたのだと思います。ただ、このレベルでの一線で成長したら面白いですね。



11着ミスターメロディ
2番手追走で理想のペースで進めなかったとはいえ、ベストの舞台ではなくこのメンバーではこうなってしまったかぁという感じでした。大穴で変わり身あるか?と期待しましたが人気通りの結果に。ダートで適正舞台でまた好走してほしいです。



12着セイウンコウセイ
14着クルーガー

この2頭はこのメンバーではこうなるでしょうね。


13着ダノンプレミアム
前述通り僕は今回ダノン3頭を軽視してましたが、これほどの負けは想定外です。海外の見えない疲れでしょうか。怪我などがなければいいですが馬が昨年のフラッシュバックでもしたかのような結果ですが競馬はほんとに難しい現れですね。





以上安田記念の回顧でしたが、今回も枠順確定前後の考察や【簡単にまとめた注意点】は思いっきり的を得ていましたが肝心の軸があと一歩及ばず悔しい結果になりました。ですが結果が全てなので言い訳はしません。




予想家、などと冠をつけているからには普通にやっているだけではなく結果ありきなので修正して挽回します。信じて乗ってくれた方にも申し訳ないです。




まだG1は宝塚記念も狙いが残っていますし、来週はマーメイドSなどもありますので巻き返しますので引き続きよろしくお願い致します!!




今回沢山のメールを頂きましたありがとうございます!そのうちLINE@も始めますのでまた改めて告知させてください!





今時点で注目している◎は
人気ブログランキングのバナーをポチっと応援を頂けますと確認出来ますのでご協力お願い致します🙏


マーメイドS注目馬
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓



今回安田記念は個人的にも大勝負したので必ず巻き返します!!是非期待してください!!




100円から夢見れる!それが競馬!
絶対的自信の買い目を下記メルマガで無料配信しますのでご登録お願いします!


メルマガ登録・解除
メルマガID:008491
 
 

ご利用規約 powered by 競馬TV





お問い合わせは下記まで!

予想家ヒロへメール




hiroki1463 at 00:00|PermalinkComments(0)

2020年06月06日

安田記念2020枠順確定後見解・破



本日は6/7(日)に行われる安田記念G1の枠順確定後見解(後半)を書いていこうと思います!








GI馬が10頭参戦する究極のマイル戦となる安田記念2020について書きたい事が多すぎて、前編と後編に分けましたが今回はその後編になります!




S__249192451





前編では人気馬3頭に着目して書きましたが、後編では過去傾向やバイアスの観点からの見解が主になります!






東京マイル自体の傾向としては、スタート後直線がしばらく続く為、よほど出遅れや不利がない限り枠順による不利有利は小さいですが、他のコースに比べてペースが落ち着くはずの3コーナーあたりで下り坂がくるので息が入らない流れになるタフな状況に追い込まれがちです。






東京でしか走らない馬や、東京では走らない馬といったように〇〇巧者というのは競馬には多く存在しますし、この東京マイルもその例は顕著です。







なにが言いたいかというと、ただのマイル戦でなくスペシャリストが集まるG1でこの癖のあるコースでは特に東京で実績を出している馬が有利だということです。







昨今の芝レースで好成績を出している天下のディープ産駒の成績が良くないのもかなり有名で
ダノンプレミアム、ダノンキングリー、ケイアイノーテック、グランアレグリア、ヴァンドギャルドには厳しいデータとしてディープ産駒成績(2-1-2-31)というのがあります。
勝率5.5%複勝率13.8%と散々です。







人気の観点から紐解いていくと、1番人気は勝率30%、連対率40%、複勝率60%とまずまず。しかし着目すべきは7~9番人気で1着5回、2着1回というのは見逃せない数字。
3番人気は勝ち星が0で2,3着だけで複勝率50%なのも好成績。








枠としては内過ぎず、外過ぎず真ん中あたりが好成績だが、基本的には内枠有利なのは間違いなくCコースに変わる事でもそのバイアスは色濃くなると推測。高速決着の時は真ん中より内で決まっていることからも昨今の高速馬場の事を鑑みると今年も真ん中より内に注目したいところ








偶数枠が奇数枠に比べて露骨に成績がいいのも見逃せないところで、馬券内にきた馬の数が偶数枠の方が4倍ほど多いです。







穴目で不当人気になって好走した馬はほとんどが真ん中より外枠となっており、内枠に人気馬がいるというよりは内枠が人気するという捉え方の方がいいので危険な人気馬が内枠にいるという解釈も出来る。







推せる材料としては7枠は1、2枠に続く好枠とされており過去10年でも複勝率も20%という点と、牝馬で過去10年馬券内に来たのはアーモンドアイとアエロリットで、共通して言えたのはマイルG1を勝った事があった点。







近走距離短縮して短距離戦線でそのスピード性能を魅せつけている女傑が久々のマイルで躍動するかどうかは、主戦が別馬に乗りおこぼれをもらうかの如く騎乗した時にそのチャンスを結構活かす池添騎手にかかっている。(悪気はありません)
そしてディープ産駒の成績が良くないのが気になるところですね。







近5年の傾向では4角5番手以内の逃げ、先行馬が必ず1頭は絡んでおり、上がり一辺倒ではなんとかならないと思いきや、7年連続上がり1位の脚を使った馬が馬券に来ている。
高速決着のタイムを出すには前でかなりしぶとく残れるか、早い展開からでも繰り出せる一発の脚がある事。











展開によってどの脚質にもチャンスがあるレースではあるものの、昨今の高速決着のレースでは脚を溜めて溜めて爆発させるタイプよりも、ある程度前目にいつつ上がりも使えるというチートのような走りが出来ないと馬券になりにくく、それが崩れた時に荒れている傾向がある。






今時点で注目点を簡単にまとめると

・枠による不利有利は他のコースよりはない
・前走1400以下で今回
上位人気の成績◎
・前走上がり2位以内の好走率◎
・ディープ産駒の成績が良くない
・前走から+2キロの斤量増は厳しい
・乗り代わり、継続騎乗に差はなし
・東京勝ちの実績ありが◎






今回最強に自信がある◎は
人気ブログランキングのバナーをポチっと応援を頂けますと確認出来ますのでご協力お願い致します🙏


安田記念G1注目馬
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓







正直言ってとんでもなく自信があります。




一週間前出走が決まってからずっと決めてましたしあとは買い方のみですが勝負しますので是非ご期待ください!!!個人的には大勝負します!!!







100円から夢見れる!それが競馬!
絶対的自信の買い目を下記メルマガで無料配信しますのでご登録お願いします!


メルマガ登録・解除
メルマガID:008491
 
 

ご利用規約 powered by 競馬TV





お問い合わせは下記まで!

予想家ヒロへメール




hiroki1463 at 00:00|PermalinkComments(0)

2020年06月05日

安田記念2020枠順確定後見解・序



本日は6/7(日)に行われる安田記念G1の枠順確定後見解(前半)を書いていこうと思います!






よっしゃ~~~~!!!






おもわず叫びたくなる様な枠順が確定したので、入念に考察した安田記念の見解を是非見てください!!今回は長すぎるので2つに分けてブログを書きます!







枠順確定前考察でも前回述べましたが、今回はなんとGI馬が10頭という究極のマイル戦になりそうですし、このメンバーでこの時期の東京マイルを走るに当たって、懸念点と推せる点はハッキリしておきたいのでまずは枠順確定を踏まえての人気どころの傾向や枠を含めた展望予想をしてみます。





S__249077763





まず史上初芝G1の8をかけて中2日で出走して来る1番人気想定アーモンドアイからですが、元々レース後に疲れが残りやすく、消耗を考えて凱旋門を諦めたり昨年末には熱発で香港を断念してリズムが狂うなど、そのとてつもない実績の裏では徹底した体調管理があったのはあまりにも有名。







ヴィクトリアマイルの豪快な勝ちっぷりとこれまでの走りで、今回も圧倒的支持が予想されるが、早め抜け出し独走で追ってもいない快勝でしたし、これまでのレースと違い消耗してないんじゃないか?と個人的には思います。







前述の『中2週』のローテにケチをつけようと思いましたが、ケチをつけるなら凱旋門や香港をも『体調優先』に大事にしてきた厩舎やオーナーが先にケチをつけて天皇賞まで休ませたはず。







それにファン投票一位で出走条件確実な宝塚記念もあるのに、ローテを顧みずココに出走したのは東京マイルが歴史を変えるにはベストと判断したんだと思っています。







しかし、今回アーモンドアイの入った4枠
過去10年で0-0-1-18と大苦戦で勝ちも連対もない枠。







数々の常識を塗り替えてきた女王だけに、データがどこまで通用するのか見ものですがそもそも東京マイルはスタートして直線がしばらく続く為、すぐに1角の来るコースと比べて枠の有利不利は余りなく、鞍上がどのポジションからの競馬を選択するか?だと思っていますがCコースに変わり内が伸びる馬場なのは濃厚な為、先行さえできればそこは素直にプラス要素だと思います。







1番人気が4連敗中で中2週の異例のローテに、G1馬11頭のマイルの猛者が揃う中前代未聞の芝G1の8勝目がかかるというところをどう見るかですが、今回ここまで書いて僕は単穴評価です。







競馬は得てしてこのクラスの馬を軸にしがちですが、ガチガチだったら仕方ないと割り切ることこそ大万馬券の的中を呼び込むと思っているので今回は▲アーモンドアイとする予定です。






そして昨年の安田記念覇者で、安田記念以降マイル負けなし。最優秀マイラーにまでなったインディチャンプは今回2番人気に推されそうですが、なんとアーモンドアイと同じ4枠。まるで歴史に遊ばれているような枠順となりました。
当然同じく過去10年で0-0-1-18ですから、この2頭が揃って馬券内にくることが相当薄く、連対しない確率の方が高いというデータとなります。






しかしこのインディチャンプ。左回り、そして東京コースで馬券外になったことがなく、東京マイルに関しては2戦2勝と最優秀マイラーに恥じない成績。






斤量58キロが初の馬もいる中で、苦にしないで好走してきた実績は評価できますし、いい意味で裏切ってくれたらいいなと思っています。






3番人気に推されそうなのは昨年の桜花賞馬で今年の高松宮記念でも一頭だけ次元の違う豪脚が炸裂し、あわや勝ちまであったグランアレグリアですが7枠に入りました。






推せる材料としては7枠は1、2枠に続く好枠とされており過去10年でも複勝率も20%という点と、牝馬で過去10年馬券内に来たのはアーモンドアイとアエロリットで、共通して言えたのはマイルG1を勝った事があった点。






近走距離短縮して短距離戦線でそのスピード性能を魅せつけている女傑が久々のマイルで躍動するかどうかは、主戦が別馬に乗りおこぼれをもらうかの如く騎乗した時にそのチャンスを結構活かす池添騎手にかかっている。(悪気はありません)
そしてディープ産駒の成績が良くないのが気になるところですね。






3番人気の馬は1番人気に続く複勝率50%と好成績な半面、勝ちが0という2,3着だけで5割というのは覚えて置いた方がよさそうです。











続編の【安田記念2020枠順確定後見解・破】では続く人気馬と展開を書いていきますので大混戦間違い無しの脳汁レース共に楽しみながら当てましょう!!






今時点で注目点を簡単にまとめると

・枠による不利有利は他のコースよりはない
・前走1400以下で今回
上位人気の成績◎
・前走2番人気以内の好走率◎
・ディープ産駒の成績が良くない
・前走から+2キロの斤量増は厳しい
・乗り代わり、継続騎乗に差はなし
・6番人気以下は外枠が好成績◎






今回特に注目している◎は
人気ブログランキングのバナーをポチっと応援を頂けますと確認出来ますのでご協力お願い致します🙏


安田記念G1注目馬
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓






忘れてはいけないのは安田記念は荒れ傾向の強いレースです。
【安田記念2020枠順確定後見解・破】





6/5夜ブログ更新します!!




100円から夢見れる!それが競馬!
絶対的自信の買い目を下記メルマガで無料配信しますのでご登録お願いします!


メルマガ登録・解除
メルマガID:008491
 
 

ご利用規約 powered by 競馬TV





お問い合わせは下記まで!

予想家ヒロへメール




hiroki1463 at 16:02|PermalinkComments(0)

2020年06月02日

安田記念GI2020枠順確定前考察!!



本日は6/7(日)に行われる安田記念G1の枠順確定前考察を書いていこうと思います!








オークスが終わり、ダービーが終わり、立て続けに行われてきた春のG1ラッシュもいよいよ安田記念宝塚記念の残り2つとなりました。






去年の安田記念は◎インディチャンプから
3連単24点と3連複6点で的中
ここ4年で3回的中している好相性レースです!!






今回はなんとGI馬が11頭という究極のマイル戦になりそうですが、当然今年も当てたいですし点数の絞り込みにも力を入れようと思っています!



90553D37-19AF-4FC4-8BA9-7E9E0D26EFA7




未知数の部分が大きいダービーに比べて、対戦歴や適正などがはっきりしている分根拠を強く持って予想できるのは大きいです。






人気になりそうな有力馬を見ていくと、、、






芝GI8勝という大記録更新の為に、初の中2週というタイトな間隔で臨むアーモンドアイ





昨年の安田記念覇者で、安田記念以降マイル負けなし。最優秀マイラーにまでなったインディチャンプ





昨年の桜花賞馬で高松宮記念でも魅せた豪脚が炸裂するかグランアレグリア





乗ったらオール掲示板☆主戦の戸崎騎手へ手綱が戻り悲願のG1初制覇を狙うダノンキングリー






海外G1で斤量59キロでタイム差なし3着。ここぞという時の乗り代わりはもはや有名、レーン騎手起用で勝負気配全開のダノンプレミアム






他にも有力は多数いますし、回避は今の所2頭で全部で15頭立てで行われるかと思いますが、大混戦間違い無しの脳汁レースです!






今時点で注目点を簡単にまとめると

・枠による不利有利は他のコースよりはない
・前走上位人気で1400以下の成績◎
・前走2番人気以内の好走率◎
・ディープ産駒の成績が良くない
・前走から+2キロの斤量増は厳しい
・乗り代わり、継続騎乗に差はなし
・6番人気以下は外枠が好成績◎






今回特に注目している◎は
人気ブログランキングのバナーをポチっと応援を頂けますと確認出来ますのでご協力お願い致します🙏


安田記念G1注目馬
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓






◎はマイルG1を3勝し、右回り左回り、コース形態を問わず結果を出している。
特筆すべきはやはり前走であのGI8勝のレジェンドビューティージェネレーションに香港マイルで5番人気の低評価を覆し完勝。





今回のメンバーも大阪杯などとは比べ物にならないレベルの高い好メンツですが、『使うところがない』『G1を獲りたい』のではなく、『マイルG1』にピントを合わせてマイル王の称号だけを見てきたこの馬に白羽の矢を立ててます。





忘れてはいけないのは安田記念は荒れ傾向の強いレースです。
各馬の注意点、推し材料をさらに詳しく調べてまた更新致します!





いま時点で既にめちゃくちゃ自信あるので楽しみにしててください!!




100円から夢見れる!それが競馬!
絶対的自信の買い目を下記メルマガで無料配信しますのでご登録お願いします!


メルマガ登録・解除
メルマガID:008491
 
 

ご利用規約 powered by 競馬TV





お問い合わせは下記まで!

予想家ヒロへメール




hiroki1463 at 00:28|PermalinkComments(0)

2020年06月01日

日本ダービー2020回顧と安田記念G1考察!!


 本日は5/31(日)に東京競馬場で行われた
日本ダービー2020の回顧を書いていこうと思います。

 




無料メルマガ配信で3連複&3連単的中したものの

 本命は◎ワーケア 結果は8着

着差ほどの負けではないものの、スローペースの展開でコントレイルより後ろにつけたら逆転は厳しいのに慎重にマークしすぎて瞬発力戦になってしまった。
よーいドンよりも、ある程度流れての競馬が得意なので展開に泣かされた感は否めない。スタミナはあるしこのあたりの距離は展開次第では勝てる逸材なので積極的に次回も狙っていきたい。





C897FE29-85A4-4859-9264-4A0D78E1DA1F






1着コントレイル
ディープ産駒の最高傑作と言われ2歳から父の軌跡と比べられ、レコード勝ちや強敵をなぎ倒してダービーを取るために確実に歩を進めてきた。
皐月賞で見せつけた力量そのままに、その好スタートから内枠を活かした絶好の3番手あたりのポジションにつけるレースセンスと、軽く合図しただけで先頭に抜け出し、2着サリオスに0.5秒差をつける圧勝。
スローからの瞬発力戦で文句なしの上がり最速を使い完全なる独走で文句なしの2冠。ただただ強い。






2着サリオス
皐月賞での半馬身差2着で世代No.2の肩書きを返上するべくリベンジに燃えていたが、枠に泣かされた感は否めない。内枠ですっと前につけられたコントレイルに対して、サリオスはややゴチャついてしまった。
しかし、距離不安やらレース前に懸念されていた部分を吹き飛ばすかのようなコントレイルに続く上がり2位の脚を中団やや後ろから使う力技で2着。
オルフェーヴルとウインバリアシオンみたいな関係が続くかもしれない。





3着ヴェルトライゼンデ
実は1週間前段階で皐月賞よりダービー向きだと◎評価だったのがこの馬。地力はホープフルSやスプリングSで立証済だし、皐月賞の大敗で今回10番人気は評価が下がり過ぎていたが個人的には3番手評価にしていた事が功を奏して三連複&三連単的中の立役者に。オルフェーヴルの兄ドリームジャーニー産駒で右回り巧者だと思われていたがこれで左回りもいけるし、今後距離が延びても期待できる。






4着サトノインプレッサ
流石はダービーで最強枠1枠1番。前走13着に破れこの好枠を持ってしても9番人気に甘んじていましたが、やはりロスなく脚をきっちり溜められて無駄のないレース運びができるので掲示板にはきましたね。
大事に行き過ぎたのか少し後ろ過ぎないか?と道中見てて思いましたがサリオスと一緒に上がって来たときにはもしや!の見せ場は作れました。頭差4着は鞍上の差だけだと思います。







5着ディープボンド
追切も良く、京都新聞杯というローテも匂わせていて人気もしていましたがスローで前で残ろうと前目で全力は出し切れた競馬をしたと思いますがG1ではこれが限界だと思います。仕掛けどころをマイラプソディー(横山典騎手)に乱されたかんじはしましたね。






着ガロアクリーク
皐月賞での3着はヒューイットソン騎手の神騎乗だと思っていたのと、川田騎手の不調ぶりでは持ってこれないと判断したので今回買い目から一切ハズしていました。ラスト直線に向かってサリオスに一瞬で抜かれてから直線だけで2馬身以上離されて完全なる力負けでした。この馬には距離がそもそも長く感じました。






7着ブラックホール
2歳時に重賞勝ちしてますし地力はあるものの、近走成績だけで17番人気の超低評価でしたが、仮にあと100mあれば馬券になっていた可能性がある腹を括った走りでした。前からも後ろからも行けるので出来れば今回は前から行ってほしかったですが、このまま今後も低評価が続くなら狙っていればもう一発くらい重賞で穴は開けてくれると思いますのでこういうところを見逃さないようにしたいです。






9着マイラプソディー
スローペースからの瞬発力勝負では勝機はないと見るや、1000m通過あたりから14番手から押し上げてハナを奪う積極策。
結果だけ見れば『無謀』と映るこの騎乗も、歴史上数々の名馬がこんな仕掛けから好走し、歴史を作ってきていますし、馬の持てるポテンシャルを信じて最良の選択をしたはず。ただもう少し待ったら面白かったかも知れない、とは思う。







10着ビターエンダー
共同通信杯での東京適正や前目からの粘りの印象、プリンシパルS組(コズミックフォース)の好走例から、穴人気していた同馬も、スタートでつまずいて持ち味を活かす前目の競馬が出来なかった事が全て。






11着サトノフラッグ
4番人気でしたが1円も買いませんでした。
コントレイルにしても、ワーケアにしても
『ダービーを取るために』という路線が人馬共にはっきりしてました。そして、鞍上の武豊騎手の最近の馬券になってるパターンは逃げ馬の前残りが多く、差し馬も相当なレベル差がある場合のみ。
そもそもアドマイヤビルゴで臨もうとしていたのに参戦が無くなるやいなやこちらへ乗ってきたあたりから消していた。ダービーはそんな程度の思い入れで勝てるほど甘くない。(と個人的に思う)






12着コルテジア
徹底して番手追走で4角曲がって直線向いた時には手応えよさげでしたが、完全に途中から脚があがってしまっていましたね。展開は向いていましたが距離が厳しい印象でした。この馬なりのレースはできたと思います。






13着ダーリントンホール
皐月賞組の中で『力負け』じゃないのはヴェルトライゼンデと同馬だと思っていました。左回りも問題なく共同通信杯も勝ってますし、先行してくれたらと思ってました。やはりスタートが課題ですね、すんなり先行出来たらこの着差にはならない力はあると思いますのでこれで見限られて人気落ちするなら次回以降狙っていけばオイシイ場面はありそうです。






以降は割愛しますが、本当にレベルが高く面白い日本ダービーでした!





フォーメーションで3連単と3連複がダブル的中してるとはいえ、◎をはずしてしまっているところと、推奨券種を全て購入したらトリガミだったところ。






素直に喜べる内容じゃないので
安田記念で巻き返そうと思います!!





そしてコントレイルが3冠を目指す権利を得たというのは競馬界の明るいニュースになりましたね!
3歳世代の闘いの物語は秋へと続いて行きますが、各馬怪我なく事故なくまた秋に元気な姿を見せてほしいです!!





安田記念もじっくり見て決めますが、今時点で出てきたら猛烈に狙いたいと思っている馬が出そうなので熱視線を送っています!





僕が熱視線を送っている◎は
人気ブログランキングのバナーをポチっと応援を頂けますと確認出来ますのでご協力お願い致します🙏


安田記念G1注目馬
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓





1週間前考察と、見解はやたらと当たります(笑)
買い方がほんとにまだまだ下手です。





次回ブログも力入れて書きますので是非見てください!
枠順確定後にまた更新します!!




100円から夢見れる!それが競馬!
絶対的自信の買い目を下記メルマガで無料配信しますのでご登録お願いします!


メルマガ登録・解除
メルマガID:008491
 
 

ご利用規約 powered by 競馬TV





お問い合わせは下記まで!

予想家ヒロへメール


 

hiroki1463 at 00:00|PermalinkComments(0)